More Business

不正を未然に防ぐ

多くの企業が、内部の不正を未然に防ぐために内部監査を行っています。内部監査は、内部に独立した監査機関を設けることで、企業内部の不正な動きを未然に防ぐことができます。

見える共有化を行えるワークフローソフトウェアを活用して業務をスムーズに遂行してみませんか?簡単に制作することも変更も可能です。

詳細はこちら

発覚した不正の事例

内部監査によって企業内部の不正な動きを未然に不正だという事例は数多く報告されています。例えば、架空の売上実績で評価を上げた営業担当者を発見し、更なる損失の増加を防ぐことが出来ました。

詳細はこちら

外部に委託する

内部監査は内部に機関を設けて社内で行うものと思う方もいますが、近年は外部に委託する企業も増えています。監査を委託することで、業務に支障をきたすことなくクリーンな監査結果を得ることができます。

詳細はこちら

企業財産を守る

信用取引に強い証券会社を活用しよう−岩井コスモ証券−

会社を経営する際、考えられるリスクは非常に様々です。経営者は、そのリスクの可能性を一つ一つ考慮し、対策を練っていく必要があります。
会社の安全を守ることが、社員や自分自身を守ることに繋がります。人間によって会社は運営されるため、なんとしてもトラブルは防ぐ必要があるのです。
近年、企業の中で増えているトラブルの一つが、顧客情報の漏洩です。パソコンやインターネットが普及し、情報の発信が以前に比べて容易になっていることが理由の一つと考えられます。
大手企業の従業員が外部に顧客情報を販売し、非常に大きな問題となったことも記憶に新しいです。
顧客情報の漏洩によって引き起こされるリスクは様々です。一番のリスクは、顧客に危険が及ぶことでしょう。
今の時代、情報は非常に強い力を持ちます。例えばクレジットカードなどの情報が万が一流出した場合には、不正なお金の動きが世界中で引き起こされてしまいます。
顧客情報の漏洩により信用を失い、業務縮小や倒産を余儀なくされた企業もあります。顧客の情報を失うことが、会社を失うことにも繋がるのです。

また、大事なのは顧客の情報だけではありません。技術や商品に関する、自社の財産とも呼べる情報も非常に重要です。
これから特許を取ろうという新技術を、情報漏洩により他社に奪われてしまっては元も子もありません。また、画期的な新商品に関するアイデアも同様です。
情報の保護は、企業経営において必須と呼べる条項なのです。
しかし恐ろしいのは、外部からの攻撃ではなく社内の従業員の不正などによって情報漏洩が引き起こされるということです。
仲間である社員を信用したいという気持ちは多くの経営者が持つ感情ですが、全社員と顧客の安全を守るためにも、対策はしなければいけません。
そこで多くの企業経営者が行っているのが内部監査です。
内部監査は、監査人が企業の各部署で業務内容やデータをチェックし、効率的な業務に関する指導や不正の発見を行うことです。
社内に監査人がいることもありますが、外部から外注で監査を行うことも多いです。
内部監査を行うことで、情報外部流出や資金の不正な流れなど、怪しい動きに素早く対応することができます。また、問題がなくても業務改善などに大きな力となるので、デメリットはほとんどありません。
企業経営において大切なことは、「どこまで社内の動きについて知ることが出来るか」ということでもあるのです。